JA魚沼から産地情報をお届けします

令和6年4月

【JA魚沼産地情報】

春作業が始まりました!

浸種とは水温10~15℃の水に積算温度が100℃になるようにたっぷりの水に種籾をつける作業です。効果として、水を吸収させることで種籾を休眠状態から覚醒させ、活動を活発にし、発芽をしやすくします。温湯消毒した種籾は2日に1回水の更新を行います。

今年の種籾は昨年の高温の影響により休眠が深いとされています。そのため、積算温度が120℃なるよう浸種作業が必要になります。

 

4月に入ると播種(種まき)作業が始まり、ハウスや苗代で苗が育てられます。十日町地区の中里育苗センターでも播種・育苗作業を行っており、中里育苗センターでは5万枚の苗箱に播種しています。

夏場の高温に負けないための栽培は健苗の育成が大事となります。JAと生産者が一丸となって高品質米の栽培に努めます。

今日のランチ🍝

筍いっぱいの毎日😋今日のお昼ご飯は息子が作ってくれました。

筍、ホタルイカ、ブロッコリー、シラス。オリーブオイルとニンニク、鷹の爪でペパロンチーニ風に。とても美味しく頂きました‼アンチョビがあったら、もっとよかったのに!との反省でした。